筒井康隆について

筒井康隆について

七瀬三部作の生みの親、筒井康隆は、小説家・劇作家・俳優として活躍している人物です。日本を代表するSF作家であり、小松左京・星新一と並んで「SF御三家」とも称されています。パロディやスラップスティックな笑いを得意としており、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表していました。1970年代からメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、エンターテイメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表しています。

経歴

1934年9月24日生まれ。大阪府大阪市出身。動物学者の父・筒井嘉隆と母・八重の長男として生まれます。後に弟が3人生まれ、男ばかりの兄弟で育ちました。1941年、南田辺国民学校に入学。幼少期から漫画と映画に没頭し、小学校時代は「のらくろ」やエノケンに熱中していたそうです。自分でも漫画を描いてほかの子供に売りつけてもいました。また、父が蔵書家であったことから読書好きとなり、小学生の頃は江戸川乱歩を愛読していました。1944年に吹田市千里山に学童疎開し、千里第二国民学校に転校。地元農家の子供から苛烈ないじめを受けます。終戦後の1946年、息子の成績不振を心配した父の計らいで大阪市立中大江小学校に転校します。そこで実施された知能検査で市内トップのIQ178であることが判明し、当時大阪市が設置していた特別教室に在籍しました。1947年に大阪市立東第一中学校に入学。中学時代は不良少年となる一方手塚治虫に熱中するようになります。1948年には児童劇団「子熊座」に入団します。1950年、大阪府立春日丘高等学校に入学。演劇部の部長となりますが学業は不振でした。1952年2月には関西芸術アカデミー研究科に研究生として入学します。同年4月、同志社大学文学部心理学科に入学し、同志社小劇場に所属しました。この頃にはカフカやアルツィバーシェフ、ヘミングウェイなどを愛読し影響を受けます。また通学時間を利用してフロイト全集を読破しました。その後美学美術史学科に転じ、シュルレアリスムに興味を持つようになります。1954年には関西芸術アカデミーを卒業し、青年劇団「青猫座」に入団します。初舞台は飯沢匡の「北京の幽霊」でした。1955年には「二十日鼠と人間」で主役を演じ、「東の仲代達矢、西の筒井康隆」と新聞に報じられるほど高い評価を得ました。1957年に大学を卒業し、展示装飾などを手掛ける乃村工藝社に入社します。また、サラリーマン劇団「明日」に入団し演劇活動を続けました。

執筆活動の初期

1959年12月に創刊された雑誌「SFマガジン」に衝撃を受けた筒井は、1960年6月、ボーナスをつぎ込んでSF同人誌「NULL」を創刊します。父と三人の弟が同人んであり、康隆と正隆と俊隆がSF短編を、父が家族の紹介文を、四男の之隆がカットを担当しました。これが上手くマスコミに取り上げられ、「筒井一家」紹介記事がたびたび新聞に掲載されました。さらに「NULL」の創刊号が江戸川乱歩の目に留まり、弟の作品や父による紹介文とともに、短編「お助け」が乱歩主催の雑誌「宝石」に転載されました。これが実質的な作家デビュー作となりました。以降は注文を受けてショート・ショートを各誌に発表しながら「NULL」にナンセンスなSF短編を発表していきます。1961年に4年間務めた乃村工藝社を退社し、美学部美学科時代の先輩の後を継ぐ形で大阪市北区にデザイン事務所「ヌル・スタジオ」を立ち上げました。1962年には「SFマガジン」のハヤカワ・SFコンテストで「無機世界へ」が選外佳作となります。翌年には「SFマガジン」増刊号に「ブルドック」を発表し、初登場を果たします。1964年には第3回日本SF大会・大阪大会を主催、前年に創立されていた「日本SF作家クラブ」に参加し、SF作家たちとの交流を深めました。1965年には前年に脚本スタッフとして参加していたテレビアニメ「スーパージェッター」の商品化権料を多額に得て、作家専業のめどがたつようになりました。また、同年には小松左京夫妻の仲人で光子夫人と見合い結婚をし、上京します。専業作家となり、10月に初作品集「東海道戦争」を出版しました。しかししばらくは苦しい生活が続き、心配した小林信彦から「小説現代」などの中間小説誌を紹介され、以降は中間小説誌での発表が増えていきます。

ナンセンスから前衛文学へ

筒井は1970年代から、それまでのナンセンス、ブラックユーモアの作風に加えて様々な文体を用いた実験的な作品を発表していき、次第に熱狂的なファンを獲得していきました。初期のよく知られている作品には、PTAによる悪書追放運動を批判した「くたばれPTA」や社会風刺からナンセンスな笑いを引き出した「ベトナム観光公社」、痴漢冤罪の恐怖を描いた「懲戒の部屋」などがあります。1970年の第1回星雲賞を長編部門、短編部門で独占してから計8回同賞を受賞しました。また1968年から直木賞に3度候補として挙げられましたが、受賞にはいたりませんでした。筒井は後にこの経験から、作家志願者が文学賞選考委員を次々に殺していくスラップスティック作品「大いなる助走」を執筆しています。1970年の「脱走と追跡のサンバ」の発表を境に、自身の作品からは徐々に純SF的な作品が減っていきます。1972年4月には東京から妻の実家に近い神戸市に転居しました。1973年8月にはSFファングループ「ネオ・ヌル」を結成します。翌年1月には「NULL」復刊第1号を発行しました。筒井はこの「ネオ・ヌル」グループをスタッフとして、1975年8月に日本SF大会「SHINCON」を神戸で開催します。筒井は大会名誉委員長を務めました。1977年7月には「NULL」の最終号が刊行されました。また、1980年には日本SF作家クラブの事務局長として、徳間書店を後援とした日本SF大賞の創設に尽力しました。一方で、1971年より純文学雑誌「海」に作品の掲載をはじめ、純文学の分野にも進出します。1978年には大江健三郎の紹介から「海」編集長塙嘉彦の訪問を受け、中南米の文学について教示をうけるなどして大きな影響を受けました。同年、登場人物が自身を虚構内の存在だと意識しているという設定の「虚人たち」で泉鏡花文学賞を受賞します。これを皮切りに実験的な作品を多数発表しました。また、この時期にはストレスからくる胃穿孔を起こして入院し、入院中に読んだハイデガーに影響を受けて死や別れをモチーフにした作品も増えていきました。

断筆宣言

1993年、角川書店発行の高校国語の教科書に収録されることになった「無人警察」内の癲癇の記述が差別的であるとして、日本てんかん協会から抗議を受け、数度交渉を行ったのちに決裂します。事態は筒井の自宅にいやがらせの電話や手紙が殺到する場でに発展。さらに角川書店が無断で「無人警察」を削除したことに起こり、断筆することを宣言しました。その理由は「いままで、いろんないやなことがあって、自主規制の問題なんかでも担当者にいやな思いをさせたけど、いちばんいやだったのは僕だったし、家族にまではそれは及ばなかった。でも、今度の場合は、家族や親戚にまで波及した」「今回は家族や親戚を守るためなんです」と語っています。断筆中はテレビ番組に出演したり演劇活動に力を入れました。また、断筆中だった1995年には阪神・淡路大震災で神戸市の自宅が被災する事態にも見舞われています。

作家復帰

1997年、新潮社、角川書店、文藝春秋各社と出版社側で自主規制を行わないことを確認する覚書を交わした後に執筆を再開し、「邪眼鳥」で小説家復帰を果たしました。執筆再開後はこれまでの作風に加えて「わたしのグランパ」や「愛のひだりがわ」など、「時をかける少女」以来のジュブナイル小説や、還暦を過ぎたこともあり「敵」「銀齢の果て」といった老いをテーマにした作品も発表しています。また、東浩紀との交流からライトノベルにも興味を持ち、2008年「ファウスト」にてライトノベル「ビアンカ・オーバースタディ」を掲載し、宗田理に次ぐ高齢のライトノベル執筆者にもなりました。

俳優としての活動

1981年8月、東京日比谷野外音楽堂にて、交友のあった山下洋輔らとともに、クラリネット奏者として「ジャズ大名セッション ザ・ウチアゲ コンサート」に出演しました。このとき観客に混じっていた、アート・プロデューサーの鶴本正三に原宿ラフォーレでのイベントを依頼され、これをきっかけに劇団「筒井康隆大一座」を立ち上げます。翌年3月に自作「ジーザス・クライスト・トリックスター」を上演、筒井自身が主役を演じ、14日間の全日程すべて満席となりました。翌年には名古屋、京都、神戸、大阪を巡業し、以降も「大一座」は筒井の作品を上演。1989年まで活動が続けられました。1993年の断筆宣言以降は、執筆による収入がなくなることもあり、俳優業に力を入れ、久世光彦演出の単発ドラマやCM出演など、それ以前よりも頻繁にテレビや映画に出演するようになりました。断筆解除後の1997年にはタレントとしてホリプロと契約し、執筆活動の傍ら映画やドラマにたびたび出演しています。1999年には蜷川幸雄の依頼でチェーホフの「かもめ」にトリゴーリン役で出演。2000年・2001年にも蜷川演出の三島由紀夫「弱法師」に主人公の義父役で出演し、藤原竜也と共演しました。